【箱根への道】東農大・スーパールーキー前田和摩「怖いもの知らずで」10年ぶり箱根路導く

スポーツ報知
トラックを走る前田和摩(左)と高槻芳照主将(カメラ・小林 泰斗)

 古豪・東農大に復活気配が漂う。全日本大学駅伝(11月)の関東選考会(6月)を5位通過し、14年ぶりの出場が決定。同選考会1万メートルで、U20(20歳未満)日本歴代2位の28分3秒51をマークしたスーパールーキー前田和摩は、第50回箱根駅伝2区で当時史上最多12人抜きを演じた東農大レジェンド服部誠さん(70)をほうふつとさせる。前田、高槻芳照(4年)、並木寧音(ねお、4年)の3本柱を軸に箱根予選会(10月)を突破し、第100回記念大会(来年1月)で10年ぶり70回目の出場を狙う。

 半世紀の時を経て、東農大にスーパーエースが誕生した。1万メートル8人の合計タイムで7枠を争った全日本関東選考会。第3組終了時点で東農大は12位だったが、最終組に出場した前田がチームを救った。留学生に一歩も引かず、初挑戦のトラック1万メートルで28分3秒51。U20日本歴代2位の好タイム、同大最高記録だった。同組の並木も踏ん張り総合5位。逆転で本戦出場権を獲得した。

 74年の第50回箱根駅伝2区で13位スタートから12人をゴボウ抜きして首位に立った東農大の伝説的なエース服部誠さんを思い起こさせる激走だ。「行けるところまで先頭集団についていくつもりで走りました。相手が留学生だから無理とは考えていませんでした」。前田はエースとしての責任とプライドをにじませた。

 14年ぶりの全日本参戦が決定。その3週前に大一番がある。10年ぶりの本戦出場を目指す箱根予選会だ。高槻主将は「一番の目標は箱根駅伝の出場」と断言する。前田も「予選会でしっかり走ってチームに貢献したい」と意欲的に話す。

 東農大は箱根で歴代7位の69回の出場を誇るが、現在、9年連続で予選会敗退中。18年11月に再建の切り札としてOBの小指(こざす)徹監督(59)が就任した。「就任した当時、雨が降ると朝練習が中止になるようなチームでした。再建に5年かかった。高槻、並木の世代が4年になった時、必ず箱根に復活すると誓いました。必ず実現させたい」と力を込めた。

 関東学生連合の一員として高槻は1年時に8区12位相当、並木は2年時に2区13位相当と大舞台を経験している。今季、前田というスーパールーキーが加わり、強力な3本柱が形成された。

 予選会は、ハーフマラソン10人の合計タイムで争う。100回記念大会では通常より3増の上位13校が本戦出場権を獲得できる。「増枠に頼らず、5位通過を目指します」と小指監督。キーマンは、やはり前田だ。箱根予選会が初のハーフマラソンとなる。「全日本関東選考会のように、怖いもの知らずで走りたい」と前田は笑顔で話す。「気象条件次第ではU20日本記録(1時間1分41秒、順大・三浦龍司)も狙えます」と小指監督も期待する。

 前田は早生まれ(2005年1月16日)のため大学2年の12月末までU20記録の対象。あと1年5か月で複数の種目でU20日本記録の更新が期待される。さらに将来、世界を見据える。「箱根駅伝は大きな目標ですけど、それで終わりではありません。大学を卒業した後、マラソンで五輪や世界陸上で勝負したい」と前だけを見据えて語る。

 「雰囲気はすごくいい。箱根が今まで以上に現実的になってきてるので」と高槻は充実した表情で話す。24年新春。第100回箱根駅伝で、東農大名物の大根踊りが見られる可能性は大きい。しかも、大盛り上がりの状況もある。(竹内 達朗)

 ◆東農大 1893年に前身の東京農学校が設立。1925年に現校名。箱根駅伝には1921年の第2回大会に初出場。出場回数は歴代7位の69回。最高成績は2位(77年)。往路は優勝1回(74年)、復路は最高2位(77年)。出雲駅伝は最高5位(91年)。全日本大学駅伝は最高2位が5回(74~77年、85年)。タスキの色は松葉緑。大根を持って踊る「青山ほとり」(大根踊り)は応援団の名物。主な大学OBは、元副総理の故・金丸信氏、大相撲・元大関の豊山ら。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×