山中慎介氏、井上尚弥の4団体統一の敵はケガだけ コンビネーションもパンチ力もフルトンと歴然の差

スポーツ報知
8回、フルトンからダウンを奪う井上尚弥(カメラ・小林 泰斗)

◆プロボクシング ▽WBC、WBO世界スーパーバンタム級(55・3キロ以下)タイトルマッチ12回戦 ○同級1位・井上尚弥(8回TKO)統一王者スティーブン・フルトン●(25日、東京・有明アリーナ)

 前世界4団体バンタム級統一王者・井上尚弥(30)=大橋=が、WBC、WBO世界スーパーバンタム級王者スティーブン・フルトン(29)=米国=に8回TKO勝ちし、新王者に輝いた。世界戦20連勝で井岡一翔(志成)に次ぐ日本人2人目の世界4階級制覇を達成した。8回、右で崩すと左でダウンを演出。パンチをまとめて試合を決めた。2012年10月のプロデビュー以来、25連勝(22KO)を決めた試合後、リング上でWBA&IBF統一王者マーロン・タパレス(31)=フィリピン=と年内対戦を約束した。(観衆1万5000)

 * * * *

 いやぁ~、声が出ません。やっぱり最後は倒すんですよね。井上にはすごいという言葉しか出てきません。本当に見応えのある試合でした。

 ラストのKOシーンに彼の技術が結集されていました。右ストレートからの左フックでしたが、右を打つ前にしっかり左ボディーを打っているんです。フルトンの意識をボディーに集中させ、ガードが下がったところに右ストレートを打ち込んだあのコンビネーション。私も現役時代はやっていましたが、あれだけ的確に3つのパンチをまとめられるのは井上ぐらいでしょう。

 負けはしたが、フルトンのテクニックも一流でした。ロープを背にしながらも足を止めず左右に動く。井上でなかったら、そこから自分のペースに引き込みポイントアウトしているはず。それ以上に井上のテクニックがすぐれていたということです。

 試合前、フルトンと並んだ井上はやはりひとまわり小さく見えました。それがです。ゴングが鳴るとパンチ力の差は歴然。予想はしていましたが、ここまで井上のパンチが強いとは。バンタム級から1・8キロ重いスーパーバンタム級への転向は大正解でした。

 階級を上げていきなり2つのベルトを手にした井上ですが、次はタパレス(WBA、IBF王者)との4団体統一戦なのか。私も世界王者時代にタパレスにスパーリングパートナーを頼んだ経験があります。確かにパンチは強かったですが、やりにくさではフルトンでしょう。いずれにしてもスーパーバンタム級での4団体統一も時間の問題です。

 私は現役時代、得意パンチ、自分の武器を聞かれた時に「左ストレート」と答えていました。これを井上に当てはめると「全部が武器」と言い切れます。すべてのパンチが一級品で、試合後の顔が証明するようにディフェンスも超一級品。井上の最大の敵とは何か? 対戦相手ではなく、自身のけがだけでしょう。(元WBC世界バンタム級王者・山中慎介)

スポーツ

×