【茨城】150キロ右腕に日米12球団28人のスカウトが熱視線 霞ケ浦・木村優人が4回ゼロ封&一発でコールド発進

4回1安打無失点の霞ケ浦・木村優人。5回コールドで初戦を突破した (カメラ・堺 恒志)
4回1安打無失点の霞ケ浦・木村優人。5回コールドで初戦を突破した (カメラ・堺 恒志)

◆第105回全国高校野球選手権記念茨城大会▽2回戦 霞ケ浦12―0土浦三=5回コールド=(13日・J:COMスタジアム土浦)

 最速150キロを誇る霞ケ浦の今秋ドラフト候補右腕・木村優人(3年)が、同校の今夏初戦となる土浦三戦に先発。4回を1安打無失点、無四死球の5奪三振と快投した。打っても先制打に高校通算15号のソロをたたき込むなど、3打数2安打2打点と投打に大暴れ。集結した日米12球団28人のスカウトから熱視線を浴びた。

 4種類の球種を操る剛腕だが、この日は最速148キロのストレートとカットボールのみで相手打線を封じた。「カットボールは自信がある。十分勝負できたので、良かったと思います」と上々の46球を振り返った。

 打ってもすごい。2回1死からはストレートに反応し、右翼ポール直撃の高校通算15号ソロを放った。憧れの選手はエンゼルスの大谷翔平。「WBCの試合を見ても、あれだけ投打で活躍すれば、チームの雰囲気も上がりますし、自分のコンディションも上がっていく。チームの中心となる意味で、目指しています」と瞳を輝かせた。

 ネット裏ではスカウトたちがスピードガンを片手に、逸材を見守った。ヤクルトは6人態勢でクロスチェック。ヤクルト・橿渕スカウトグループデスクは「コントロールが良く、球速も出る投手。打撃も良く、野球センスにあふれている。初戦の硬さもなく、自分の良さが出せている。チャンスがあればもう1、2回見てみたい」と好評価した。

 ドラフトイヤーで注目が集まるが、剛腕は「気にならないですね。自分の力が出せればいいと思うので。気持ちの面でどれだけ相手に向かっていけるかだと思います」と言い切った。茨城の星から、日本球界の星へ-。まずはこの夏、仲間と一緒に甲子園切符を奪ってみせる。(加藤 弘士)

【スカウトの声】

 日本ハム・大渕スカウト部長「腕のしなりが柔らかく、将来性豊かな投手」

 ソフトバンク・福元スカウト「コーナーにしっかり投げ分けられる。指先の感覚が優れており、多彩な球種が操れる。きょうは余力を残して投げているように感じた」

野球

×