日本代表ジェイミー・ジョセフHC退任、認める「離れるのはいいタイミング、いいことだと思っている」W杯限り

練習後、取材を受けるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(カメラ・石田 順平)
練習後、取材を受けるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(カメラ・石田 順平)

 ラグビーW杯フランス大会(9月8日開幕)に向けた日本代表の合宿が5日、宮崎市内で公開された。練習後、取材に応じたジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC)は去就について「(日本代表を)離れるにはいいタイミング。家族のこともあり、いいことだと思っている」と話し、W杯限りでの退任を認めた。

 ニュージーランド出身で53歳のジョセフHCは、現役時代に母国と日本、双方の代表としてW杯に出場。16年に日本代表HCに就任し19年W杯日本大会で史上初8強入りに導き、契約を延長していた。“3期目”の続投にも意欲をみせていたが、日本協会との交渉はうまく進まなかった。

 この日の取材では退任の意向がチームに与える影響は「ない」と断言。「W杯で勝つことだけが目標。自分の仕事」と、やや早口の強い口調で強調した。さらに「日本は大好きだし、宮崎も大好き。また来年も戻ってきます」と笑顔もみせた。

 

スポーツ

×