【侍ジャパン】栗山英樹前監督 栗山町で優勝パレードに1万4000人「幸せでした。長靴広めたい」

北海道栗山町で、軽トラックの荷台に乗ってパレードに参加した栗山英樹氏(カメラ・飯塚 康博)
北海道栗山町で、軽トラックの荷台に乗ってパレードに参加した栗山英樹氏(カメラ・飯塚 康博)

 侍ジャパンの栗山英樹前監督(62)が25日、住居を構える北海道・栗山町で「WBC優勝記念イベント」に参加した。軽トラに乗り、駅前の約330メートルをパレード。沿道には全町民の約1万1000人を3000人上回る14000人が集まった。車を降りハイタッチに応えるなど約1時間ファンに感謝を伝えた。栗山氏が同町でパレードを行うのは3度目で今回が最多の観衆だった。

 トレードマークのジャージーに、長靴で参加した栗山前監督は「軽トラ長靴を全国で定番にするのが夢。広げていきましょう」と笑顔を見せ「とても幸せでした。『ありがとう』と言われたけど、こちらこそ『ありがとうございます』『おめでとうございます』です。ひたすら感謝しかない。栗山町は僕の成長の源」と感慨深げだった。

野球

×