キャンドル・ジュン氏「世間からヒモって言われても仕方ない」語っていた広末涼子への思い…惹かれた理由も明かす

スポーツ報知
キャンドル・ジュン氏

 8日発売の「週刊文春」で、レストランオーナーシェフの鳥羽周作氏との不倫疑惑を報じられた女優の広末涼子が14日、事務所スタッフのインスタグラムに掲載した直筆文書で不倫を認め謝罪した。広末はキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏と10年10月に結婚し、3人の子どもがいる。今回の騒動を受け、ジュン氏が21年10月に出演したYouTube「街録ch~あなたの人生、教えて下さい~」で広末について語った発言が注目を集めている。

 メディア出演を避けてきたというジュン氏。動画の中で、広末とは支援活動のイベントで出会ったと説明。「メディアで言われている感じとは正反対な、本当に田舎の純朴な」と広末の印象を振り返り、「彼女の周りのファミリーがすごくいい人たちで、そういう憧れも強かった」「まっとうに生きてるなっていうか。些細なことでつまずかない感じとか」と家族も含めて自分にはない部分に惹かれたと語った。

 結婚後も「尊敬できることが多々ある」とし、「朝早くから起きて、子ども達のお弁当から始まり、掃除から洗濯からってずっと働きながらも、『仕事行ってくるよ』みたいな。シッターさんとか、おばあちゃんとか色んな親戚たちにも、自分のスケジュールで家族のフォローができない時は全部バックアップを取っててくれたりとか。ずっと頑張り屋さんなんですよ」と育児と仕事を両立する姿を称賛。

 東日本大震災の被災地支援を続けているジュン氏。「本来ならもっと稼がなきゃいけないところを、世間からヒモって言われても仕方がない。稼ぐことよりは活動、活動ってしてたんで。それでも家族がちゃんと、今あるっていうのは本当に彼女の…べた褒めですけど」と広末の支えに感謝。「高価なプレゼントとか、美味しいもの食べに行こうみたいなことも結婚記念日ぐらいしかないとか、ぐらいだけど、今があるってことは、本当被災地支援に行かせてもらってる」と語っていた。

 動画の再生回数は15日現在で119万回を超えている。コメント欄では「こんなに素敵な方だとは知りませんでした」などと当時から好感を呼び、今回の騒動を受けて再びネット上では「切なくなる」「震災を忘れない姿勢がすごい」「街録でイメージが変わった」「こんなジュンさんを悲しませるのは良くない」などの声が上がっている。

芸能

×