【ヤクルト】サヨナラ弾で長岡秀樹がスカパー!サヨナラ賞初受賞「たくさんの子供たちの前で打てたことはうれしい」

スポーツ報知
5月度「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した長岡秀樹(カメラ・佐々木 清勝)

 ヤクルトの長岡秀樹内野手が15日、5月度の「スカパー!サヨナラ賞」を受賞した。

 長岡は、5月5日のDeNA戦(神宮)の9回2死一塁で、守護神・山崎康の甘く入った変化球を強振し、右翼席へ。今季1号を劇的なサヨナラ2ランで飾った。

 チームはこの日の試合で、村上と中村の今季初となる2戦連発や、浜田の1戦2発を含む6本塁打をマーク。DeNAも5本塁打とプロ野球記録まで1本に迫る両軍11本塁打のホームラン合戦に最高の一発で、終止符を打った。

 初受賞に4年目の若武者は「この度は、『スカパー!サヨナラ賞』に選んでいただき、ありがとうございます。5月5日は『こどもの日』でしたし、たくさんの子供たちの前で打てたことはすごくうれしく思います。これからも勝利に貢献できるように頑張ります」と笑顔を見せた。

野球

×