鳥羽周作シェフも広末涼子との不倫認め謝罪「夫として、父として、本当に愚かな姿を見せました」

鳥羽周作シェフ
鳥羽周作シェフ

 8日発売の「週刊文春」で、レストランオーナーシェフの鳥羽周作氏(45)との不倫疑惑を報じられた女優の広末涼子(42)が14日、事務所スタッフのインスタグラムに掲載した直筆文書で不倫を認め謝罪した。3人の子供の母でもある広末は家族に直接、謝罪したことを明かし、「私の憧れだった女優業を汚してしまった」などとつづった。所属事務所は公式ホームページで広末を無期限謹慎処分とすることを発表した。

 * * * *

 広末がコメントを出したこの日、相手の鳥羽氏も自身のツイッターで不倫を認めた。

 ツイッターでは「報道された内容は、概ねその通りです」と“完落ち”。「誠に申し訳ございませんでした。広末さんのご家族や関係者の皆様、お店のお客様やクライアント様、スタッフなど、多くの方に大変なご迷惑をおかけしてしまいました。今後、心を尽くし、誠意が伝わるまで、お詫(わ)びをしてまいります」と周囲に向けて謝罪を重ねた。

 鳥羽氏にも家族がおり、広末との交際は「ダブル不倫」にあたる。「自分の家族には、夫として、父として、本当に愚かな姿を見せました。今後家族に対して、できるかぎりの償いをしていきます」と、つづった。また、取材に虚偽の答弁をしていたことにも「事実に反する受け答えをしてしまいました。自分の弱さ、そして何よりずるさが出た結果です」とざんげした。

 今後の仕事については「ゼロから料理に向き合いたいと思います」と宣言。「自分が一番世の中にできることは何かと考えましたが、やっぱり料理しかありませんでした。少しずつでも、失った信用を取り戻せるよう、努力を重ねてまいります」と汚名返上を誓った。

芸能

×