【楽天】石井一久監督、「次も連勝できるように頑張ります」継投策ピシャリで今季初の4連勝

スポーツ報知
4回、3ランを放った岡島を迎える石井監督

◆日本生命セ・パ交流戦 広島3―6楽天(13日・マツダスタジアム)

 楽天は継投策が実り、逃げ切った。石井一久監督は「救援陣が頑張ってくれた」と奮投をねぎらった。

 先発の則本が4回まで無失点の好投を見せていたが、5回に突如乱れた。野間、林に連打を許し、無死二、三塁のピンチを招くと、代打・松山の左前適時打と菊池の左犠飛で追い上げられた。

 5―2の6回にも西川、デビットソンに連打を許して2点差に詰め寄られた。指揮官はここで継投を決断。左の野間、林が並ぶところで鈴木翔を投入。「左に対しては完成度が高い球を投げる。あそこは狙い通り2人を切ってくれた」と称賛した。2死からは安楽が抑えてこの回を乗り切った。

 7回は内、8回は酒居、9回は松井裕の勝ちパターンが仕事を全うし、今季初の4連勝。「何とか次も連勝できるように頑張ります」と指揮官は頬を緩めた。

野球

×