飯豊まりえ、ゴールデン・プライム帯の連ドラ初主演 野島伸司氏が5年ぶりに地上波ドラマを書き下ろし

スポーツ報知
プライム帯連ドラ初主演を果たす飯豊まりえ(c)ABCテレビ

 女優の飯豊まりえ(25)が、7月期のテレビ朝日系連続ドラマ「何曜日に生まれたの」(日曜・後10時、ABCテレビ制作)に主演することが13日、分かった。ゴールデン・プライム帯(午後7~11時)の連ドラは初主演となる。

 フジテレビ系「101回目のプロポーズ」(1991年)、「ひとつ屋根の下」(93年)などで有名な脚本家の野島伸司氏(60)が5年ぶりに地上波ドラマを書き下ろす。主人公は10年間、引きこもり生活を送る無職・黒目すい。ある日、高校の同窓会の招待状が届くことで運命が動きだす物語だ。番組関係者によると、ラブストーリーか、ミステリーか、人間ドラマなのかすら予測不能のドラマという。

 ファッショナブルで明るい役の多い飯豊だが、今作のファーストシーンはボサボサ頭にスエット姿、無表情で登場。台本を読んで「人の言葉を受け流せない人なのかなという印象を受けました。それは決して悪い意味ではなく、優しい人なんだと感じています」と心中を察する。

 野島氏は、飯豊が初めて主演を務めたインターネットレビのドラマ「パパ活」(17年)も手掛けており縁が深い。飯豊は「とても光栄に思いました」と喜ぶと同時に「野島さんのドラマは、最後まで何が起こるか分からない。頭の中をのぞいてみたくなります」と世界観に魅了されている。

 プライム帯初主演には「これまで通り、気負わずに、作品と大切に向き合っていきたい」と自然体で、静かに意気込んでいる。

芸能

×