【ボートレース】戸田で4V実績のある安達裕樹がいい流れで予選後半戦へ~戸田プリムローズ開設67周年記念

スポーツ報知
安達裕樹

 ボートレース戸田の「戸田プリムローズ開設67周年記念」は6日、2日目が行われた。初日1、2着の安達裕樹(40)=三重=は5号艇で9Rに出走。「1Mのターンを失敗しました」と5、6番手で立ち上がる苦しい展開となったが、それでもバックで追い上げると、市橋卓、山本寛との道中競り合いを制して3着を確保。外枠を乗り切った。「足はいい。波の中でもしっかり押す感じがあるし、全体的にいいですね」。

 エンジン47号機は、エース機に次いで上位の一角。出足、ターン回りを中心に伸びも強力で、今節も噴いている。また、自身も当所4Vの実績があり「狭い水面は全然、苦ではない」と話す。序盤2日間をオール3連対にまとめ、いい流れで予選後半戦に挑む。

ギャンブル

×