【中日】今季初の4連勝ならず…7回に3人登板で5失点逆転負け 松葉貴大は全球団勝利逃す

スポーツ報知
7回、選手交代を告げる立浪和義監督(カメラ・石田 順平)

◆日本生命セ・パ交流戦 中日1―5オリックス(3日・バンテリンドーム)

 中日が逆転負けを喫し、今季初の4連勝を逃した。

 先発・松葉が14人連続無安打の5回1安打無失点と好投。今季初勝利&12球団勝利の可能性を残し降板したが、7回にリリーフ陣が踏ん張り切れず、白星を逃した。

 1点リードの7回、3番手・勝野が四球と単打で1死一、二塁とピンチを招き降板。4番手には福が上がった。代打・森を中飛に仕留め、2死一、二塁。代打・ゴンザレスに同点打を許した。次打者・野口に四球を与え、降板すると、5番手・山本が2死満塁から代打・中川圭に逆転の2点二塁打を喫した。さらに、広岡にも2点打を許し、3人で一挙5失点。4点差を埋めることは出来ず、連勝は3でストップした。

野球

×