【中日】鵜飼航丞、バウアーから痛烈な今季初安打 先発・松葉貴大は5回2失点で今季初白星ならず

スポーツ報知
5回2死、中前安打を放った代打・鵜飼航丞 (カメラ・上村 尚平)

◆JERA セ・リーグ 中日―DeNA(27日・バンテリンドーム)

 中日の鵜飼航丞外野手が今季初安打をマークした。

 1点を追う5回2死、先発・松葉の代打で打席へ。1ボールからバウアーの128キロスライダーを捉え、左中間へはじき返した。今季10試合、20打席目で初めてHランプをともらせたが、次打者の岡林が二ゴロに倒れ、得点にはつながらなかった。

 先発・松葉は5回4安打2四球2失点。初回1死二、三塁で牧に2点適時打を中前にはじき返されて先取点を許した。その後は走者を背負いながらも無失点投球。3度目の登板で今季初白星とはならなかった。

野球

×