【日本ハム】途中出場で決勝適時打を放った谷内亮太の信条「少しでも使いやすい選手になれるように」

スポーツ報知
ファンに手を振る伊藤大海(右)と谷内亮太(カメラ・中島 傑)

◆パ・リーグ 日本ハム6―2西武(18日・エスコン)

 日本ハムは西武を破り、3カードぶりの勝ち越しを決めた。守備から途中出場した谷内亮太内野手が、7回に決勝の適時打を放った。

 谷内らしく、しぶとく大仕事をやってのけた。2―2の7回2死満塁。西武3番手・佐藤隼の6球続けた直球が甘く入ってきたのを見逃さず、痛烈な打球が二塁手のグラブの先を抜けた。「決勝点っていうのもそうですけど、久しぶりのヒットで、うれしい気持ちで走ってました」。4日の西武戦(ベルーナD)以来、出場7試合ぶりの安打が値千金の決勝打となった。

 困ったときに、谷内がいる。新庄監督は7回、三塁への緩い当たりをチャージせずに内野安打とした野村を、すぐさまベンチへ下げた。「気持ちが引き気味の守備」と主砲を交代した理由を説明。裏の攻撃で打順が回ってくる可能性も承知の上で「守備も安定しているし、『ここぞ』というときのね」と谷内を送り出した。内野の全ポジションを高次元でこなし、勝負強い打撃も兼ね備えるユーティリティープレーヤーがベンチに控えているからこその、勝負手だった。

 「どんな時でも言われた仕事をできるよう準備して、しっかりやることが僕の勝負できるところ。少しでも監督の使いやすい選手になれるように日々を送っている。もし監督にそう思ってもらえているなら、これ以上ない喜びです」。

 エスコンで初のお立ち台。大歓声を浴びながら「次は野村がいいところで打ってくれると思う。そっちの応援もお願いします」。縁の下で若手軍団を支える男らしい言葉で、締めくくった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×