樋口新葉、約8か月ぶり公の場で滑り披露 ダブルアクセルなど着氷 プリンスアイスワールド横浜公演

樋口新葉(カメラ・中島 傑)
樋口新葉(カメラ・中島 傑)

 フィギュアスケートのアイスショー「プリンスアイスワールド横浜公演」が3日、KOSE新横浜スケートセンター」で行われ、22年北京五輪団体銅メダルの樋口新葉は、「Fix You~Paradise」を演じた。

 鮮やかなピンクの衣装で、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、2回転ルッツ、

2回転サルコー、2回転フリップなどのジャンプを着氷。演技後は観客から大きな拍手が送られた。

 樋口は2022―23年シーズン、初戦となったチャレンジャーシリーズ・ロンバルディア杯(22年9月)後にシーズンの大会を全て欠場することを発表。北京五輪後に疲労骨折が判明した右すねの回復が遅れているため、治療に専念していた。当時は、日本スケート連盟を通じ「スケート人生で目標としていた五輪出場を果たし、一つ大きな山を越えた。しっかり充電して、もう一段階ステップアップした魅力あふれるスケートをお見せできれば」とコメントしていた。

 同アイスショーは、5月3~5日にかけて行われる。

スポーツ

×