将棋・叡王戦第2局の3時のおやつは藤井聡太叡王「チョコバナナタルト」菅井竜也八段「ダブルミルクレープ」

スポーツ報知
将棋・叡王戦五番勝負第2局で午後のおやつに出された藤井聡太叡王の「チョコバナナタルト」(左)、菅井竜也八段の「多良間島産黒糖と宇治抹茶のダブルミルクレープ」(提供・日本将棋連盟)

 愛知県名古屋市の「名古屋東急ホテル」で23日に指されている将棋・第8期叡王戦五番勝負第2局で午後3時、藤井聡太叡王=竜王、王位、棋王、王将、棋聖との六冠=と挑戦者・菅井竜也八段に午後のおやつが出された。

 藤井には、午前に菅井が食した「チョコバナナタルト」が配膳された。一方、菅井は「多良間島産黒糖と宇治抹茶のダブルミルクレープ」を注文した。沖縄産の黒糖クリームと抹茶クリームを使用しているが、黒糖の味が強調されており、金粉で彩られた黒豆が乗ってある。ドリンクは両者ともオレンジジュースだった。

 対局は午後3時時点で53手まで進み、8筋の攻防で振り飛車の菅井が主導権を握っている形。持ち時間も藤井が約1時間、菅井より多く消費している。

将棋・囲碁

×