最新FIFAランキング カタールW杯優勝のアルゼンチンが1位に 日本は20位のアジアトップ維持

3度目のW杯優勝を果たし、歓喜するメッシ(中)らアルゼンチンの選手たち
3度目のW杯優勝を果たし、歓喜するメッシ(中)らアルゼンチンの選手たち

 国際サッカー連盟(FIFA)は6日、最新のFIFAランキングを発表した。カタールW杯の覇者・アルゼンチンが、昨年12月22日に発表された2位から首位に浮上。ブラジルが3位に後退し、フランスが2位に順位を上げた。

 日本は前回から変動なく、20位でアジアトップをキープ。イランが24位、25位だった韓国は27位に順位を落とした。

 最新のFIFAランキングは以下の通り。(カッコ内は前回発表時の順位)

1(2)アルゼンチン

2(3)フランス

3(1)ブラジル

4(4)ベルギー

5(5)イングランド

6(6)オランダ

7(7)クロアチア

8(8)イタリア

9(9)ポルトガル

10(10)スペイン

11(11)モロッコ

12(12)スイス

13(13)アメリカ

14(14)ドイツ

15(15)メキシコ

16(16)ウルグアイ

17(17)コロンビア

18(19)セネガル

19(18)デンマーク

20(20)日本

21(23)ペルー

22(23)スウェーデン

23(22)ポーランド

24(24)イラン

25(29)セルビア

26(28)ウェールズ

27(25)韓国

28(30)チュニジア

29(27)オーストラリア

30(26)ウクライナ

31(31)チリ

32(34)オーストリア

33(36)ハンガリー

34(40)アルジェリア

35(39)エジプト

36(42)スコットランド

37(37)ロシア

38(38)チェコ

39(32)コスタリカ

40(35)ナイジェリア

サッカー

×