【DeNA】サイ・ヤング賞右腕トレバー・バウアーの緊急サイン会に100人超集まる 右肩の張りで離脱中

スポーツ報知
トレバー・バウワー

 DeNAの新外国人、トレバー・バウアー投手(32)=前ドジャース=が1日、横須賀スタジアムで緊急サイン会を開催し、100人を超すファンが集まった様子を自身の公式ツイッターで投稿した。

 ツイッターで「サイン会を行います。ぜひ会いに来てください!」と急きょ告知。開始予定時刻まで1時間を切った時点での投稿にも関わらず、100人以上のファンが集まりサインや記念撮影を行ったという。あす2日も正午から先着200名にサインをすると告知している。

 レッズ時代の20年にサイ・ヤング賞を獲得した右腕は、21年に3年総額1億200万ドル(約107億円=当時のレート)でドジャースへ。女性へのドメスティック・バイオレンス問題で出場停止処分を科せられ、22年は実戦登板がなかった。3月26日の練習中に右肩の張りを訴え、状態を確認しながら調整している。

 投稿にはサインをもらった人からの感謝や「急すぎて行けない」と嘆く声、「早く投げるところが見たい!」と期待するコメントなどが寄せられた。

野球

×