【侍ジャパン】巨人・戸郷翔征 「今まで感じたことない空気感で野球をできて幸せでした」…帰国会見

スポーツ報知
会見に臨んだ戸郷翔征 (カメラ・堺 恒志)

 第5回WBCで14年ぶりに世界一となった侍ジャパンが23日、チャーター機で成田空港に到着した。その後、成田市内のホテルに移動し、帰国会見を行った。

 巨人の戸郷翔征投手は「今まで感じたことない空気感で野球をできて幸せでした」と語った。

 WBC決勝・米国戦では先発・今永の後を受けて1点リードの3回から2番手で登板。先頭の2番・トラウトは直球を続けて追い込むと、最後は140キロのフォークで空振り三振。3番・ゴールドシュミットもフォークで左飛に封じた。2死からアレナド、シュワバーに連続四球を与えて一、二塁のピンチを背負ったが、最後はこの試合で2回に先取点となる左越えソロを放つなど絶好調のターナーを、フォークで空振り三振に封じてガッツポーズ。今大会2試合に登板し、5回2安打1失点、防御率1・80をマークをマークし、2009年の第2回大会以来、3大会ぶり3度目の優勝に貢献した。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×