マサ北宮&稲葉大樹、GHCタッグ初防衛…試合後に宮原健斗が出現、3・21全日本大田区で対戦を受諾

スポーツ報知
初防衛に成功したマサ北宮(左)と稲葉大樹

◆プロレスリング・ノア「GREAT VOYAGE 2023」(19日、横浜武道館)

 プロレスリング・ノアは19日、横浜武道館で「GREAT VOYAGE 2023」を開催した。

 GHCタッグ選手権は王者組のマサ北宮、稲葉大樹が拳王、征矢学の「金剛」と初防衛戦を行った。

 リングサイドには拳王が招待した全日本プロレス・諏訪間幸平専務の椅子が用意された。しかし、諏訪間専務は姿を見せずゴングが鳴った。

 試合は序盤、挑戦者チームの金剛が王者組を打撃戦で圧倒。王者も北宮がセントーンの連弾などで食い下がる。さらに稲葉が拳王をタイガースープレックスで追い詰める。

 15分が経過すると両軍の攻防がめまぐるしく展開。北宮が監獄ロックで征矢を捕獲。20分が経過し北宮がサイトースープレックスからトップロープからのダイビングセントーンで21分44秒、征矢をフォールし初防衛に成功した。

 試合後、全日本プロレス・宮原健斗のテーマソングが鳴り響き、「健斗コール」で会場が包まれる中、宮原がスーツ姿でリングインした。マイクを持った宮原は、2・21東京ドームから対戦をアピールしながら無反応の北宮へ「オイ!北宮光洋。優しい先輩が来てやったよ」と呼びかると、全日本の3・21大田区総合体育館大会で自身が6人タッグで対戦する「ノア選抜選手」が決まってないことに「分かるか!北宮光洋。マサを名乗るのは100年早いんだよ。そろそろお前が決めないと会社も困っている。あさってオレと戦うのを今ここで決めろ」と迫った。

 これに北宮は「オメェたち全日本プロレスと絡んだって何のメリットもない。だがな、恥をしのんで駆けつけて食らわしてやるよ。大田区行ってやるよ」と対戦を受諾した。これに宮原は「てめぇごときのレスラーと絡んでやるんだ。大田区で勝負だ」と挑発した。

 バックステージで北宮は岡田欣也と稲村愛輝を引き連れ全日本の大田区大会へ乗り込むことを宣言。「何のメリットもねぇけど行ってやるよ、バカヤロウ!」とほえた。

格闘技

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×