【センバツ】英明・寿賀弘都投手の左肘に返球が直撃した中浦浩志朗捕手「やらかしたと思った。深々と頭を下げました」

スポーツ報知
8回1死二、三塁、捕手・中浦浩志朗の二塁けん制球を腕に受け、うずくまる英明・寿賀弘都(カメラ・岩崎 龍一)

◆第95回センバツ高校野球大会第2日 ▽2回戦 英明3―2智弁和歌山(19日・甲子園)

 昨秋の四国王者・英明が同近畿大会4強の智弁和歌山に競り勝ち、3度目の出場で初勝利を挙げた。

 3―2となった8回1死二、三塁、2ボールになった直後に捕手・中浦浩志朗の返球が左腕・寿賀弘都の左肘付近に直撃。ベンチで治療を受けた後、再びマウンドに上がった。満塁としたが、後続を打ち取り、無失点で切り抜けた。「痛みはあったけど、逃げ腰になったらいけないと、『行かせてください』と言った」

 8回に勝ち越しの左前適時打を放った中浦は「焦って『やらかした』と思った。ブルーな気持ちになった。ベンチに戻った後に、深々と頭を下げました」と苦笑いを浮かべていた。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×