【スプリングS】ベラジオオペラが無傷3連勝 横山武史騎手「すごくいい競馬ができました」

スポーツ報知
スプリングSを制し、皐月賞出走権を獲得したベラジオオペラ(カメラ・橋口 真)

◆第72回スプリングS(3月19日、中山競馬場・芝1800メートル=重)

 1~3着馬に皐月賞・G1(4月16日、中山競馬場・芝2000メートル)の優先出走権が与えられるトライアルは3歳牡馬16頭によって争われ、

 横山武史騎手騎乗で単勝2番人気だったベラジオオペラ(栗東・上村洋行厩舎、父ロードカナロア)が無傷の3連勝。重賞初タイトルをつかみ、混戦と言われる3歳牡馬戦線の新星に名乗りを挙げた。上村厩舎は開業5年目でうれしいJRA重賞初制覇となった。勝ち時計は1分48秒9。

 2着に3番人気のホウオウビスケッツ(横山和騎手)が入り、3着は8番人気のメタルスピード(津村騎手)。この3頭に皐月賞の優先出走権を獲得した。

 横山武史騎手(ベラジオオペラ=1着)「この子の武器は前走で乗って理解、把握できていたので、その武器を殺さないように心がけて乗りました。先行馬が多かったですし、前走は2番手でしたが、前にいかなくても競馬できるくらい賢い馬なので、その結果、あのポジションになりました。普段から(上村)先生にはたくさん良い馬を依頼していただいていたので、初重賞に貢献できて良かったです。すごくいい競馬ができました。まだまだ、もっと成長できる馬です。完成にはもう少し時間がかかる馬ですが、すごくいい馬です」

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×