【DeNA】前日打球直撃・入江大生は軽症「本人はやる気満々」と三浦監督 試合前練習に参加

スポーツ報知
DeNA・入江大生

 ◆オープン戦 ソフトバンク―DeNA(19日・福岡ペイペイドーム)

 DeNA・三浦大輔監督が19日、前日打球が右腕に直撃した入江大生投手について「軽症です。本人はね今日食堂で会って、やる気満々でしたけどね。大丈夫ですって必死にアピールしていましたけどね」と大事には至らないとの見解を示した。

 入江は前日の同カードで6回に3番手としてマウンドに上がり、先頭の中村晃の放った投ゴロに反応して右手でつかみにいったところ、打球が当たり、降板した。試合後に三浦監督は右前腕打撲で、病院には行かずにトレーナーからの手当てを受けたことを明かしていた。

 この日、入江は試合前練習に参加して、元気な姿を見せていた。

野球

×