【日本ハム】稲葉篤紀GM、北名古屋市住宅で空き巣被害 09年WBC記念指輪も盗難「誰もいなくて良かった」

スポーツ報知
日本ハムの稲葉篤紀GM

 日本ハムGMで、東京五輪の野球日本代表監督を務めた稲葉篤紀氏(50)が所有する愛知県北名古屋市の住宅が空き巣被害に遭ったことが14日、捜査関係者への取材で分かった。選手として出場した2009年WBCの記念指輪もなくなっており、盗まれたとみられる。愛知県警が捜査している。

 捜査関係者らによると、指輪7点(約130万円相当)のほか、現金約360万円、ネックレスや時計、日本ハム所属時代の記念メダルなどもなくなっていた。住宅には稲葉GMの父親が住んでいる。11日午前に外出し、同日夕方に帰宅した父親が室内を荒らされているのを見つけた。県警は複数人の犯行とみて、詳しい状況を調べている。

 西武とのオープン戦後に取材に応じた稲葉GMは「まさか実家が被害に遭うとは思わなかった。家に誰もいなくて良かったですし、これがみなさんの注意喚起になればいい」と話した。

野球

×