【阪神】左肩違和感で日本ハム戦登板を回避した伊藤将司がキャッチボール「昨日より全然いい」

スポーツ報知
キャッチボールを行う伊藤将司(カメラ・石田 順平)

 阪神・伊藤将司投手が11日、日本ハムとのオープン戦(甲子園)前の練習に参加した。

 当初先発の予定だったが、10日の練習で遠投をした際に左肩に違和感を覚えたため、登板を1度飛ばすことになった。

 短めの距離のキャッチボールや短距離ダッシュなどで調整。キャッチボールをした感覚も「昨日より全然いいので問題はないかなと思います」と説明した。

野球

×