馬トク会員募集中!

馬トク指数・外厩入り馬トク出馬表・成績

「日本で彼から始まった」急死のハーツクライにルメール騎手もショック隠せず「 伝説は決して死なない」

ルメールのインスタグラム(@christophelemaire_officiel)より
ルメールのインスタグラム(@christophelemaire_officiel)より

 JRAのクリストフ・ルメール騎手が10日、自身のインスタグラムを更新。ハーツクライとのコンビで制した2005年有馬記念の写真を添えながら、同日に急死が発表されたハーツクライについての思いをつづった。

 ルメールは「私のチャンピオンが亡くなったのを聞いてとても悲しい」と切り出し、「 日本で活動する私にとっては彼から始まった」とコメント。短期騎手免許で02年から日本で騎乗する機会に恵まれたフランス人にとっては、ディープインパクトを破った2005年の有馬記念が日本のG1初制覇となっただけに思い入れは深い。さらに「吉田照哉と社台ファームのスタッフに感謝を込めて。 伝説は決して死なない」と締めくくった。

 この投稿には「ハーツクライとクリストフのコンビは永遠に」「アスコット(キングジョージ)の競走を決して忘れない」「天国で安らかに」などのコメントが寄せられている。

有馬記念を制したハーツクライ(ルメール)(右は2着のディープインパクト)
有馬記念を制したハーツクライ(ルメール)(右は2着のディープインパクト)
ルメールのインスタグラム(@christophelemaire_officiel)より
有馬記念を制したハーツクライ(ルメール)(右は2着のディープインパクト)
すべての写真を見る 2枚

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×