バック転で骨折 ティガも“心配”した…「ウルトラマンティガ」ダイゴ・長野博インタビュー〈2〉

スポーツ報知
ウルトラマンティガ(C)円谷プロダクション

 ウルトラマンシリーズ放送開始30周年となる1996年9月に放送がスタートしたのが「ウルトラマンティガ」です。昭和のシリーズを見ていた子供たちが親世代になり、親子2代のファンが生まれるなど支持を集め、その後の「―ダイナ」「―ガイア」と続く、いわゆる「平成3部作」の礎を作りました。昨年、NHKが実施した「全ウルトラマン大投票」でも、「ウルトラヒーロー部門」で見事、1位になるなど、長くファンに愛されている作品です。その主人公=マドカ・ダイゴを演じていたのが、人気グループ「V6」のメンバーだった長野博(50)です。「―ティガ」が15周年を迎えた2011年に、スポーツ報知では長野にインタビューを行いました。「今も『ダイゴ』って呼ばれることにうれしさを感じる」と語り、この年の3月に発生した東日本大震災被災地の子供たちに向けて「希望の光を少しでも早く見つけられるように」とエールを送りました。今回、この貴重なインタビューを3回に分けて再掲載します。

(毎日正午更新=文中敬称略)

 * * *

 ダイゴ役はオーディションなどを受けたわけではなく、事務所から「主役に決まったよ」と言われただけだった。

 「ダイゴのイメージって、具体的なものはなかったんです。昔、見ていたウルトラヒーローに変身する人は、みんな勇気があって、正義感が強くて…そういうものは踏襲しよう、と思いました」

 長野は「ジャニーズ事務所初の特撮ヒーロー」と称されるが、「V6」という人気グループのメンバーでありながら、特撮作品にも主演…スケジュールなど、多忙を極めたのではないだろうか?

 「実は僕自身、『つらいな』って思ったことはないんですよ。かなり(スケジュールを)調整してもらっていましたから。スケジュールを管理する人は大変だったと思いますが…。主役が撮影に参加できない―ということが、他のシリーズよりも多かった、とは後になってから聞きました。その分、『GUTS』の他の隊員が話のメインになることが多かった。結果的には、それが物語に広がりを与えることになったと思います」

 子供たちが一番、注目し、まねをするのが変身シーンだが、これは長野自身が考えた。

 時計回りに右腕を回してから、変身アイテムのスパークレンスをかざし、変身する―というものだ。

 「アクション監督が考えた、とかじゃないんです。確か変身ポーズは第3話からだと思うんですが、村石(宏實)監督と2人で相談して決めました。監督からは『子供がまねしやすいように、複雑なものはやめよう』とだけ言われました。10分くらいで完成したと思います」

 撮影当時を振り返り、一番、印象に残っているシーンは第15、16話だという。ティガの主題歌「TAKE ME HIGHER」は、長野自身がメンバーでもある「V6」が歌ったが、振り付けの最後の部分にバック転が入れられた。これが思わぬアクシデントを呼んだ。

 「当時、バック転ができなかったんです。でも、振りの中に入ったからやらなきゃいけない。それで練習をしたんですが、失敗して指をひねってしまったんです。レントゲンを撮ったら、見事に骨折です。ギプスで固定して撮影に行ったんですが、結局、シナリオを『ダイゴの搭乗機が墜落して、手を負傷した』と変えてもらいました。変身後、ティガがけがをした手を見て、首をかしげる場面が追加されたんですよ」

 実際に負った傷がドラマの中に反映されたこのシーンを、忘れることができないという。

 ◆GUTS(Global Unlimited Task Squad=ガッツ) 世界規模で無制限に仕事をするチームの略。地球平和連合(TPC)の極東本部に属している。TPC本部や最高司令部、GUTS作戦司令室が置かれているのは千葉県房総半島沖にあるTPC極東本部基地・ダイブハンガー。怪獣、宇宙人の侵略から人類を守るために武装化されているが、人間同士の争いに武器の使用は認められていない。隊長はイルマ・メグミ、副隊長はムナカタ・セイイチ、隊員にマドカ・ダイゴ、ヤナセ・レナ、シンジョウ・テツオ、ホリイ・マサミ、ヤズミ・ジュンがいる。

 〇…円谷プロ公式サブスク「TSUBURAYA IMAGINATION」では、有料プランに登録すると「ウルトラマンティガ」のほか、劇場版「ウルトラマンティガ THE FINAL ODYSSEY」、「ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人」などウルトラマンシリーズ(一部をのぞく)がいつでも見放題となっている。ファン必読の読み物や、ここでしか見られない配信限定作品など、オリジナルコンテンツも満載。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×