芦田愛菜、4月から大学生 女優業と二刀流へ 法学部政治学科 名門高から成績上位で内部進学 

芦田愛菜
芦田愛菜

 女優の芦田愛菜(18)が、4月から大学生になることが4日、スポーツ報知の取材で分かった。中学から通っている名門私立高校の系列大学の法学部政治学科へ進学することがこのほど決まった。

 桜咲く季節、芦田の新生活が始まる。関係者によると、芦田の通う高校では、3年間の成績や内申点などの結果を総合して、上位の生徒から希望の学部に進めるかどうかが決まる。芦田は一部で、医学部の進学を目指していると報じられたことがあったが、別の関係者の話では、本人は中学生のころからすでに医学部は選択肢に入れておらず、自らの意思で法学部政治学科への進学を決意。第1志望に見事クリアした。

 法学部政治学科は、内部進学を目指す学生からはトップクラスの人気を集める学科。今回の芦田の進学は、3年間常に成績上位をキープした成果によるもので、近しい関係者の話では、芦田は学業優先のスケジュールで芸能活動も行い、日夜勉学の日々を重ねてきた。関係者の目には、無事進学を決めた芦田の姿は、喜びとともにホッとしたように映ったそうで、仕事と学業の両立をサポートしてくれた周囲への感謝の思いが伝わってきたという。

 ここ数年は学業優先の生活を送ってきただけに、芦田の中では改めて演技への情熱が募っているそうで、大学進学の区切りを迎えたことで、さらに役者業にもまい進していくつもりだという。学生生活で学んだことを広く演技にも還元し、春からは役者業と大学生の二刀流で、さらなる飛躍を遂げるつもりだ。

芸能

×