「爆笑問題」太田光、「たけしさんが死んだ」騒動の真実明かす「『好きなこと、ガンガン言っちゃって』と言われて…」

スポーツ報知
太田光

 「爆笑問題」らが所属する「タイタン」の太田光代社長が24日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・午後8時)に出演。1990年の夫・太田光と出会ってから1年での結婚、93年の「タイタン」設立時から30年間の苦労の日々を振り返った。

 この日の番組には太田夫妻と田中裕二、昨年の「M―1」グランプリ王者に輝いた「ウエストランド」の井口浩之、河本太の5人で出演。

 大手の太田プロから独立後、2年間にわたって仕事がゼロになるなど完全に“干された”時期があった。この日の番組では、太田は業界から忌避されるきっかけになった90年のニッポン放送「オールナイトニッポン」での「たけし死んだ」発言の音源もオンエア。デビューから2年目の新人だった「爆笑問題」の2人がビートたけしの代打として「オールナイトニッポン」のパーソナリティーを務めた際、番組冒頭で太田が「実はたけしさんがとうとう、死んじゃいまして」と発言した。

 これにたけし軍団の水道橋博士が激怒して殴り込むなど大騒動に。太田には大バッシングが集中し、ニッポン放送も出入り禁止となった。

 当時を振り返った太田は「(打ち合わせで)『好きなこと、ガンガン言っちゃって』と言われて、たけしを超えたとか好きなこと言っちゃったら大バッシングになって」と内幕を明かしていた。

芸能

×