横浜FMが最終調整 17日・J1開幕川崎戦へ、MF水沼「受け身にならずチャレンジする」

水沼宏太
水沼宏太

 横浜FMは16日、神奈川・横須賀市内で最終調整を冒頭15分間のみ公開した。17日には30周年を迎えるJ1リーグがついに開幕。連覇を狙う横浜FMは、敵地で昨季2位の川崎と対戦する。

 練習後に取材に応じたMF水沼宏太は、「すごく楽しみ」と今季を占う一戦を心待ちにした。川崎は「どんな状況になっても強いチーム」。直近6年、優勝を分け合ってきた。「川崎を倒すためにやってきた気持ちがあるので、相手が絶対に倒すって気持ちでくるのも分かる」と激戦は間違いない。昨シーズン対戦成績は1勝1敗。アウェー戦では、ラストプレーで決勝点を許した。「川崎は川崎のプライドがあって、僕らも僕らでプライドがある。お互いのプライドを一番最初に出せるのはいいこと。信じてやってきたサッカーを笛が鳴った瞬間から出すことで、今年もマリノス強いなって示すことができれば。受け身にならずチャレンジする気持ちが大事」と勝利へ意気込んだ。

 11日には、富士フイルムスーパー杯でJ2甲府を2―1と下し、6度目の挑戦で初タイトルを手にした。マスカット監督はチーム状況にも自信を示し、「ベストなメンバーを選択していきたい。オプションはたくさんある中で、吟味していく」と語った。スーパー杯は負傷の影響で回避していたDF松原健もメンバー入りの可能性が高い。指揮官は、「明日いよいよ始まるんだなと。興味深い対戦カードだと思う。アイデンティティを大事に戦っていきたい」と白星発進を見据えた。

サッカー

×