磯山さやか、今年40歳を迎え「グラビアをどこまで続けるか」

スポーツ報知
イベントに出席した磯山さやか

 タレントの磯山さやかが14日、東京・スイーツパラダイス池袋店で「ほこたのいちご褒美キャンペーン」(14日~3月19日まで)の発表会見を行った。

 茨城県鉾田市の特産品であるイチゴを、鉾田PR大使の磯山が紹介。「イチゴといえば鉾田と思って頂けるようにアピールしたい。実際に茨城に行って食べてみたいと思ってもらえたらうれしい」。実際にイチゴを試食し、「やっぱり地元のイチゴはおいしいです!」と舌鼓を打った。

 バレンタインデーにちなみ、特製の巨大イチゴパフェをデコレーションした。磯山のバレンタインに関する思い出について聞かれると、「好きだった男の子にチョコをあげに行ったけど、もらってくれなくて…。学校の先生に『もらってくれない』って言いつけて、無理やりもらってもらった」と明かした。

 今年で40歳になる。不惑を迎えるにあたり磯山は、「グラビアをどこまで続けるか考え始めています」と吐露。恋愛については「今年か来年できたら最高。好いてくれるならそれでいいです。いい人であれば。今まで年下は全然アリじゃなかったけど、私もだいぶ年を重ねたので、年下の方も範ちゅうに入れて頑張ります」と話した。

 キャンペーンは、特設サイトに自身の目標などを投稿するとエントリーできる。

芸能

×