【中日】郡司裕也が“捕手”再開「キャッチャーで勝負したいと思っていた」キャンプ前日に首脳陣から打診

2軍の読谷で、谷元圭介投手の球を受ける郡司裕也捕手
2軍の読谷で、谷元圭介投手の球を受ける郡司裕也捕手

 中日・郡司裕也捕手が3日、キャンプイン前日に今季は捕手として競争していくことを告げられていたことを明かした。1月31日に小田2軍バッテリーコーチから、捕手として戦っていくことを確認された郡司は「捕手として勝負したいと思っていた。やるからには思い切ってやりたい。打撃でも、守備でもアピールしていきたい」と意気込んだ。

 この日は、読谷でベテランの谷元圭介投手らの球を受けた郡司。昨季は一塁や三塁、左翼など“本職”とは別のポジションだったが、チーム事情もあり今季は捕手として戦っていくことを決意した。類いまれな選球眼に、ツボにはまればどこまでも飛んでいく長打力が魅力。2軍・読谷から、貪欲に開幕1軍を目指す。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×