岸田文雄首相 派閥離脱を巡って「国民から批判を浴びることがないよう適切に対応」

スポーツ報知

 岸田文雄首相は30日、衆院予算委に出席し、自民党の派閥会長を務めていることに関して「国民から疑念や批判を浴びることがないように適切に対応しなければならない」との考えを示した。

 無派閥グループ「ガネーシャの会」に所属する自民党・牧原秀樹氏は「小泉元総理、安倍元総理は派閥を離脱したという菅前総理の指摘もある」と述べ「岸田総理の指摘に対する思いをお伺いしたい」と質疑した。

 岸田氏は「党内で権力闘争をしている余裕はないほど、日本を取り巻く状況は緊迫度を高めている」などと述べ、派閥から離脱する可能性などについては言及しなかった。

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年