【競輪】22歳初戦を迎える近沢諒香「余裕が出てきた」 27日から向日町でガールズケイリン

スポーツ報知
1月25日に22歳を迎えた近沢諒香

 1月27日からの向日町競輪「日本名輪会カップ・第32回中井光雄記念杯 オッズパーク杯(F1)」でガールズケイリンが行われる。競走得点トップの吉村早耶香(25)=静岡・112期=(初日予選1・7レースに出走)や、まくり確かな藤田まりあ(22)=埼玉・116期=(同6レース)、追加出場となった南円佳(23)=鹿児島・116期=(同7レース)など好メンバーがそろった。

 初日予選1・7レースの近沢諒香=三重・118期=は前検日前日の1月25日に22歳の誕生日を迎えた。「マッサージに行き、母の家でケーキを食べました」と、今年3場所目へ向けて、息抜きができたようだ。

 ホームバンクの松阪競輪場が改修工事のために使用できないが、「街道で練習をしています。山を上ったり、ウェートトレーニングをしたり、試行錯誤しています」と毎日の練習は欠かさない。白星からは遠ざかっているが、前回の岸和田を含め、直近4か月は、9場所中5場所で予選を突破している。「決勝に乗るようになって、余裕が出てきました」。目指すは決勝戦での確定板。初日から力を込めて走り抜く。

ギャンブル

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×