JFLティアモ枚方が元G大阪MF芝本蓮を獲得 二川孝広新監督の下でリスタート

スポーツ報知
G大阪時代の芝本蓮(中)

 JFLのFCティアモ枚方は26日、昨季J3藤枝に所属したMF芝本蓮(23)が加入することを発表した。クラブを通じ「藤枝MYFCから来ました芝本蓮です。FCティアモの勝利のために全力で頑張ります。応援よろしくお願いします!」とコメント。G大阪の下部組織出身で優れたパスセンスを誇るMFが、二川孝広新監督(42)の率いるチームでリスタートを切ることになった。

 芝本はG大阪ユースから18年にトップチーム昇格。J3を戦ったG大阪U―23では4シーズンで計105試合6ゴールをマークし、20年11月14日の仙台戦でJ1デビューも果たした。21年に出場機会を求め、相模原(当時J2)に期限付き移籍。22年はJ3藤枝に期限付き移籍したが、シーズン終了後に藤枝からの退団、G大阪との契約満了が発表された。

 将来的なJリーグ参入を目指すティアモ枚方は、昨季限りで現役を引退した二川監督が今季より指揮を執る。新指揮官にとっても、正確な技術を持った芝本の加入は朗報だ。まだ23歳と若いパサーが、かつて抜群のパスセンスを武器にG大阪の10番を背負った二川監督の下、成長を目指す。

サッカー

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×