【侍ジャパン】栗山英樹監督「非常に重要なポイントは出てくるはず」 巨人・大勢の火消し起用も示唆

スポーツ報知
大勢

 侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は26日、都内で行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」の記者会見に出席し、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパン登録予定選手を正式に発表した。

 6日にはエンゼルス・大谷翔平投手(28)、パドレス・ダルビッシュ有投手(36)、ロッテ・佐々木朗希投手(21)、ヤクルト・村上宗隆内野手(22)ら12人を先行発表。その後も指揮官は熟考を重ね、巨人・大勢投手(23)、岡本和真内野手(26)、西武・山川穂高内野手(31)、ヤクルト・山田哲人内野手(30)、日本出身の母を持つカージナルスのL・ヌートバー外野手(25)ら18人を追加で発表し、全30選手が出そろった。

 昨年新人ながら巨人の抑えを担い、57登板で1勝3敗37セーブ、防御率2・05の好成績を残して新人王に輝いた大勢もメンバー入り。昨年11月の強化試合でも好投を見せアピールしていた。大勢は「日本代表のユニホームを着て、戦えることを誇りに思います。自分に任された仕事を果たせるように、万全の準備をして臨みます」とコメントした。

 巨人では抑えを務めるが、侍ジャパンには松井(楽天)、栗林(広島)とチームで抑えの投手がおり、大谷(エンゼルス)の守護神起用プランも上がっている。栗山監督は選出理由を「やっぱりボールの強さもあるし、困った時、苦しくなった時に、例えば自分が『今日あまり調子よくないな』と思っている時の、バッターに対する姿みたいなものはすごくよかった。絶対に引かない、絶対に勝負してやるんだというのが、こっちに伝わってきた。そういうものを存分に出してくれればいい」と説明。起用法については「イニング頭ではなくて、ランナーがいる時も思いきって行けそうな感じもする。抑えは大事ですけど、チームが勝つために非常に重要なポイントは出てくるはずなので、そこで誰が行ってくれるのかという方がこっちは大事。その準備だけはしてくれとみんなに伝えているつもり」と、重要な場面での起用となる可能性も示唆していた。

 侍ジャパンの全メンバーと背番号は以下の通り。

 

 ◆侍ジャパンメンバー

 【投手】

・ダルビッシュ有(パドレス) 11

・戸郷翔征(巨人) 12

・松井裕樹(楽天) 13

・佐々木朗希(ロッテ) 14

・大勢(巨人) 15

・大谷翔平(エンゼルス) 16

・伊藤大海(日本ハム) 17

・山本由伸(オリックス) 18

・栗林良吏(広島) 20

・今永昇太(DeNA) 21

・湯浅京己(阪神) 22

・宇田川優希(オリックス) 26

・高橋宏斗(中日) 28

・宮城大弥(オリックス) 29

・高橋奎二(ヤクルト) 47

 【捕手】

・甲斐拓也(ソフトバンク) 10

・大城卓三(巨人) 24

・中村悠平(ヤクルト) 27

 【内野手】

・山田哲人(ヤクルト) 1

・源田壮亮(西武) 2

・牧秀悟(DeNA) 3

・中野拓夢(阪神) 7

・岡本和真(巨人) 25

・山川穂高(西武) 33

・村上宗隆(ヤクルト) 55

 【外野手】

・近藤健介(ソフトバンク) 8

・周東佑京(ソフトバンク) 9

・ラーズ・ヌートバー(カージナルス) 23

・吉田正尚(レッドソックス) 34

・鈴木誠也(カブス) 51

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年