【侍ジャパン】米1年目の吉田正尚が異例のWBC出場へ「メジャー挑戦、WBC出場は僕の夢」

スポーツ報知
吉田正尚

 侍ジャパンの栗山英樹監督(61)は26日、都内で行われた「カーネクスト 2023 WORLD BASEBALL CLASSIC 東京プール」の記者会見に出席し、3月に行われるワールド・ベースボール・クラシック(WBC)に出場する侍ジャパン登録予定選手を正式に発表した。

 6日にはエンゼルス・大谷翔平投手(28)、パドレス・ダルビッシュ有投手(36)、ロッテ・佐々木朗希投手(21)、ヤクルト・村上宗隆内野手(22)ら12人を先行発表。その後も指揮官は熟考を重ね、巨人・大勢投手(23)、岡本和真内野手(26)、西武・山川穂高内野手(31)、ヤクルト・山田哲人内野手(30)、日本出身の母を持つカージナルスのL・ヌートバー外野手(25)ら18人を追加で発表し、全30選手が出そろった。

 オリックスからレッドソックスに移籍した吉田正尚外野手(29)もメンバー入り。メジャー1年目を迎える選手は、環境に慣れることなどを優先し、これまでは出場を避けてきた選手が多かったが、21年東京五輪で金メダル獲得にも貢献した吉田はWBC出場を決めた。吉田は「メジャー挑戦、WBC出場は僕の夢でした。出場を認めてくださった球団には大変感謝しております。世界一になって恩返し出来るように全力でプレーして自分のベストを尽くしたいです」とコメントした。

 侍ジャパンの全メンバーと背番号は以下の通り。

 

 ◆侍ジャパンメンバー

 【投手】

・ダルビッシュ有(パドレス) 11

・戸郷翔征(巨人) 12

・松井裕樹(楽天) 13

・佐々木朗希(ロッテ) 14

・大勢(巨人) 15

・大谷翔平(エンゼルス) 16

・伊藤大海(日本ハム) 17

・山本由伸(オリックス) 18

・栗林良吏(広島) 20

・今永昇太(DeNA) 21

・湯浅京己(阪神) 22

・宇田川優希(オリックス) 26

・高橋宏斗(中日) 28

・宮城大弥(オリックス) 29

・高橋奎二(ヤクルト) 47

 【捕手】

・甲斐拓也(ソフトバンク) 10

・大城卓三(巨人) 24

・中村悠平(ヤクルト) 27

 【内野手】

・山田哲人(ヤクルト) 1

・源田壮亮(西武) 2

・牧秀悟(DeNA) 3

・中野拓夢(阪神) 7

・岡本和真(巨人) 25

・山川穂高(西武) 33

・村上宗隆(ヤクルト) 55

 【外野手】

・近藤健介(ソフトバンク) 8

・周東佑京(ソフトバンク) 9

・ラーズ・ヌートバー(カージナルス) 23

・吉田正尚(レッドソックス) 34

・鈴木誠也(カブス) 51

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×