【侍ジャパン】ソフトバンク・周東佑京が切り札の誓い「求められているのは足。世界一に貢献したい」

スポーツ報知
ソフトバンク・周東佑京

 3月のWBCに出場する日本代表が26日に発表され、ソフトバンク・周東佑京内野手がメンバー入りした。

 「選出いただき、本当にうれしいです。求められているのは『足』だと思うので、その武器で走って守って、チームが世界一になるために少しでも貢献したいと思っています。これまで、しっかり戦う準備をしてきました。栗山監督の思いに応えるためにも精いっぱい頑張ります」

 19年のプレミア12では代走の切り札として世界一に貢献。4盗塁をマークし、大会盗塁王にも輝いた。再び、勝敗を分ける大事な局面で、その足に大きな期待がかかる。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×