平野美宇シングルス初戦ストレート勝ち 前日女複は足の負傷で棄権も…卓球全日本

スポーツ報知
シングルス初戦を突破した平野美宇 

◆卓球 全日本選手権 第4日(26日、東京体育館)

 女子シングルス4回戦で、平野美宇(木下グループ)は山本怜(十六銀行)に4―0のストレート勝ちし、初戦を危なげなく突破した。

 平野は前日25日に出場予定だった石川佳純(全農)と組む女子ダブルスを棄権。SNSに「私の足の不調により、棄権することにいたしました。大変残念ですが、シングルス戦に全力を尽くしたいと思います」と心境をつづっていた。この日は見える範囲にテーピングはなく、ポイント間で頻繁に屈伸をし、腰をひねるなどしたが、サーブでしっかり踏み込み、両足で踏ん張って力のこもったフォアのドライブを打った。第4ゲーム8―3の場面では、台から下げられたところからフォアで打ち切りポイントを奪うなど、大きな不安はなく試合を終えた。

全日本卓球選手権の出場選手の皆さんへ応援メッセージを贈ろう

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×