【侍ジャパン】阪神・湯浅京己は藤川球児氏の“22”「超えていかなければならない背中。覚悟の意味も」一問一答

スポーツ報知
笑顔で撮影に応じる湯浅京己(カメラ・義村 治子)

 3月のWBCに出場する日本代表が26日に発表され、阪神・湯浅京己投手がメンバー入りした。リリーフの一角と期待される昨季のセ・リーグ最優秀中継ぎ右腕。甲子園で会見を行い、背番号22を自ら選んだことを明かした。OBの藤川球児氏(球団SA)=スポーツ報知評論家=が09年の第2回大会でも背負った番号。「リリーフをやってるからには追いつき、超えていかなければならない背中だと思っているので。自分の覚悟の意味を含め、22番を選ばせていただきました」と決意を語った。

 以下は湯浅の一問一答。

 ―選出され、率直な思いは。

 「大変光栄ですし、ジャパンの一員としてWBCに出場させていただけることにしっかり感謝と、覚悟を持って臨みたいと思います」

 ―栗山監督から連絡は。

 「去年の12月に直接電話をいただきました。『世界一になるために力を貸してくれないか』という言葉をかけてもらいました」

 ―アマチュア時代、阪神入団後も多くのけがを乗り越えて日本代表に。

 「やっぱり、やっているからにはずっと目標でもあったので。本当にリハビリはすごく苦しい時期もありましたけど、今思えば、無駄ではなかったと思いますし、その時期があったからこそ今があると思えているので。本当に、よかったとは言えないかもしれないですけど、とりあえずはよかったんじゃないかなと思います」

 ―背番号は。

 「22番です。(自分で)選びました」

 ―なぜ。

 「過去のWBCで投手では球児さん(09年)と浅尾さん(13年、大会は不出場)が着けていらっしゃったと思うんですけど、やっぱりリリーフをやってるからには追いつき、超えていかなければならない背中だと思っているので。自分の覚悟の意味を含め、22番を選ばせていただきました」

 ―藤川氏を超えたい。

 「やっぱり上を目指すからには、それくらいの覚悟というか、自分の中でもそういう世界の大会ですし、やっぱり目標でもあるので。22番にして、自分の中での覚悟とか、しっかりいろいろ考えながら22番を選ばせていただきました」

 ―豪華メンバーと同じチーム。誰との対面が楽しみ。

 「やっぱり大谷さんと一緒にできるのはすごいことだなと思うので、大谷さんですね」

 ―どんなことを聞きたい。

 「メジャーでやられていて、自分の知らないことばかり知られていると思うので。投げている時にどんなことを意識しているのか、どんなトレーニングをしているのか。本当にたくさん聞きたいことがあるので、話せたら、いろんなことを聞いてみたいです」

 ―これまでのWBCで印象に残るシーンは。

 「1試合見に行っているんですよ、小学生のときに。球児さんが22番のユニホームを着ていた大会で、東京ドームに」

 ―その舞台に立つことに。

 「ずっと代表で出たいと思っていたし、そういうチャンスをいただけたので。自分の持っている力を全て出せるようにしっかり準備したい」

 ―どのポジションで投げたいか。

 「特にそんな、どこで投げたいとかはないですけど、どこで投げてもやることは変わらないと思うので、しっかり自分のできることをやるだけかなと思います」

 ―どんな投球を見せたい。

 「見ていて、わくわくさせられるようなピッチングをしたいと思いますし、本当に自分の持っている力を全力で出すだけだと思っているので。それに向けてしっかり準備して臨みたいと思います」

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×