夏目雅子さんのめいで元人気子役の楯真由子さん、激変した34歳の今が美しい!過去のキャバクラ勤務についてもつづる

スポーツ報知
楯真由子さんのインスタグラム(@mayuri_sakuramochi)より

 1985年に27歳の若さで亡くなった女優・夏目雅子さんのめいで、子役としてNHKドラマなどに出演していた元人気子役・楯真由子さん(34)が26日までに自身のインスタグラムを更新。最新ショットを掲載し、過去のキャバクラ勤務について考えをつづった。

 「あぐり」などで人気を博し、子役時代のあどけない印象が強い楯さんは、現在では34歳に。22日には、目元が印象的なメイクにロングヘアが美しい近影を掲載。「近頃は、『#教育』のお仕事もさせて頂いており#中央区(#東京都中央区)の公式#ゆるきゃら”#新川多幸八”くんのCVなども担当させて頂いております」と報告。また「メディア等で、蒲田のキャバクラ出身と言う話を度々取り上げられたりする訳ですが 私はこの、確かに、我ながらキャッチーでインパクトのある経歴(笑)を別段隠す事もしません。寧ろ、自分の人生における,楽しくて大切な経験、有益な時間だったと考えているのですね」とあらためて過去のキャバクラ勤務に言及。

 キャバクラ勤務が「”マイナス要素だ”と、判をつかれるのであればその経験を持ってして、都や区からの信頼を得た上で、任せて頂けるような活動も、経歴や身分を隠さずに、同一人格として成す事は出来る。と言う事です。私はその仕事のうち、どちらも自身の子供に対して、明確に説明する事が出来ますし多分我が息子は『昼のタコも夜の蝶もなんだか同じだけ大変で、同じだけ楽しそうだな』と考えてくれていると思います。笑 こう言った意味で大切な事は、何をして生きるか、以上に何をするにしても、自身のやっている事に対して『どう向き合っていくか』なのだと考えます。どんな生き方を選ぶにしても一つ一つ、丁寧に真剣に向き合っていれば結局それは『私の人生』になるのですから」とつづった。

 19年8月23日放送のTBS系「爆報!THE フライデー」(金曜・後7時)では、楯さんの波瀾万丈な歩みを紹介し反響を呼んだ。心身のバランスを崩して22歳で引退。1年以上引きこもり状態だったが、23歳で一般男性と結婚し、長男をもうけた。1年で離婚し、現在は長男と、母との3人暮らし。生活のために借金を重ね、200万円の返済に追われながら、東京・蒲田駅前のキャバクラに週3回出勤し、月収15万円で生活していると紹介されていた。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×