【注目馬動向】テリオスベルは連闘で川崎記念へ 田島調教師「馬は元気です」

スポーツ報知
連闘での川崎記念参戦を決めたテリオスベル

 1月25日の交流G3・TCK女王盃で4着のテリオスベル(牝6歳、美浦・田島俊明厩舎、父キズナ)は引き続き江田照男騎手=美浦・フリー=とのコンビで交流G1・川崎記念(2月1日、川崎競馬場・ダート2100メートル)へ向かうことになった。

 田島調教師は「(TCK女王盃は)スタートが遅く、行き脚もつかずに途中から逃げる形になったけど、相手も強かったですね。馬込みが得意ではないので、できれば外枠の方がいい。連闘になりますが、馬は元気です」と語った。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×