【阪神】新助っ人、ミエセスが一番乗りで来日 マイナー通算140発の大砲

スポーツ報知
来日した阪神・新外国人・ミエセス(球団提供)

 阪神は26日、新外国人のヨハン・ミエセス外野手(前レッドソックス3A)が入国したと発表した。チームの助っ人5人の中で一番乗りの来日。185センチ、120キロの右の大砲はマイナー通算140本塁打の長打力が期待される。

 春季キャンプは沖縄・宜野座の1軍でスタートすることが決まっている。

 ◆ヨハン・ミエセス(Johan Mieses) 1995年7月13日、ドミニカ共和国生まれ。27歳。2013年にドジャースとマイナー契約。18年途中にカージナルス傘下、20年からレッドソックス傘下に移籍。マイナー通算793試合で打率2割4分3厘、140本塁打、427打点。3Aでは141試合で2割5分4厘、26本塁打、78打点。21年東京五輪にドミニカ共和国代表として出場し、銅メダル。185センチ、120キロ。右投右打。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×