【注目馬動向】東海Sの勝ち馬プロミストウォリアは放牧へ フェブラリーSは回避 

スポーツ報知
フェブラリーSを回避することになったプロミストウォリア

 1月22日の東海S・G2を勝利したプロミストウォリア(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎、父マジェスティックウォリアー)が優先出走権を獲得したフェブラリーS・G1(2月19日、東京競馬場・ダート1600メートル)を回避することが1月26日までに分かった。きょう26日、滋賀県のノーザンファームしがらきに放牧に出る。馬主のシルクホースクラブがホームページで発表した。

 同馬は初の重賞挑戦となった東海Sで4連勝を達成。G1初制覇のかかるフェブラリーSに向かうかどうか注目されていたが、右前脚のソエ(骨膜炎)を気にするそぶりなどをを見せたため、無理をしない方針を固めた。

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×