井上尚弥が転向のSバンタム級で挑戦者決定戦…ネリとホバニシャンが2月18日に激突へ

スポーツ報知
ルイス・ネリ

 プロボクシングのWBC世界スーパーバンタム級1位のルイス・ネリ(メキシコ)と同級2位のアザト・ホバニシャン(アルメニア)が、2月18日に米カリフォルニア州ポモナで挑戦者決定戦を行うことが25日、発表された。米専門メディア「ボクシング・シーン」などが報じた。DAZNで全世界に配信されるとしている。

 山中慎介との試合で体重超過し“悪童”の異名を取るネリは、「次の挑戦への準備はできている。この階級でまだ自分が世界一なんだと、もう一度証明する」。ホバニシャンは「ルイスのことはとてもリスペクトしている」とし「彼はかつての世界王者で、才能にあふれたファイター。最善を尽くさないと勝てないことはよく分かっているよ」と抱負を込めた。

 スーパーバンタム級は、前世界バンタム級4団体統一王者の井上尚弥(大橋)が一階級上げて今季参戦し、注目される舞台だ。現在、WBC世界同級王座はWBOとの統一王者スティーブン・フルトン(米国)が保持しており、ネリ―ホバニシャンの勝者は、フルトンへの指名挑戦権を得る。

 ネリの戦績は33勝(25KO)1敗、ホバニシャンは21勝(17KO)3敗。

スポーツ

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×