なにわ男子・高橋恭平「胸きゅんさせるというより、ふいにさせちゃった」主演映画イベント

スポーツ報知
映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」完成披露試写会に出席した(左から)曽田陵介、板垣李光人、高橋恭平、畑芽育

 なにわ男子の高橋恭平が25日、都内で初主演映画「なのに、千輝くんが甘すぎる。」(3月3日公開、新城毅彦監督)の完成披露試写会に女優・畑芽育(はた・めい)、俳優・板垣李光人らと出席した。

 少女漫画誌「月刊デザート」で連載中の亜南くじら氏の同名漫画が原作。イケメン男子と、失恋女子による「絶対好きになってはいけない“片思いごっこ”」を展開していく物語。

 陸上部のエースで、イケメンの主人公・千輝彗(ちぎら・すい)を演じる高橋は「昨日は、今日のことを想像し、すごく眠れなかったです」と初々しくあいさつ。モテ男役として、数々の胸キュンシーンを演じきり「一見クールに見られがちなところは、僕もそうなので共感しました。胸きゅんさせるというより『ふいにさせちゃった』みたいな演技を意識してがんばりました」と胸を張った。

 劇中でお姫様抱っこされた畑は「高橋さんは、なかなか手こずっていた」と暴露。高橋は、たじたじな様子で「普段、メンバーの道枝駿佑のことをお姫様抱っこすることはあるんですけど。僕がガリガリなんで、(畑のことを)大きな卵のように落とさないように、そっと過去イチ優しいお姫様抱っこをしました」と振り返った。

 本作内容にちなみ“片想いしていること”に話題が及ぶと、高橋は「サウ活。サウナがめちゃくちゃ大好きで週5で行っている。仕事終わりに行って整っています」と告白。共演の曽田陵介は、高橋と“サウナ仲間”といい「(高橋は)全然汗かかないんですよ。熱いところにずっといられてすごいんですよ」と玄人ぶりを明かした。

 イベントの最後に、高橋は本作を「ベストオブ胸キュンストーリーになっています。ぜひ胸キュンしてください」とアピールした。

 イベントには、鈴木美羽、莉子、中島瑠菜、新城監督も登壇した。

芸能

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×