岸田文雄首相 ウクライナ訪問について「諸般の状況を踏まえて検討」

スポーツ報知
答弁する岸田文雄首相

 岸田文雄首相は25日、衆院代表質問で「招待を受けているウクライナ訪問については、現時点では決まっていないが、諸般の状況を踏まえて検討する」と述べた。

 自民党・茂木敏充幹事長は、G7サミットにおいてもウクライナ問題が議題に挙がると述べた上で「総理が自らウクライナを訪問し、ゼレンスキー大統領との主脳会談や現地の視察を行うことが望ましい」と指摘した。

 岸田氏は6日にゼレンスキー大統領と電話会談した際に、ウクライナ訪問を要請されていたが、これまでと同様に熟考する考えを示している。

社会

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年