【巨人】新ジャイアンツ球場に日本初の一体型水族館 よみうりランド隣接エリアで総事業費250億円以上

スポーツ報知
緑と広い空に囲まれた「東京ジャイアンツタウン」。球場と水族館が一体となって新たな賑わいを創り出す(イメージ)

 読売新聞東京本社、読売巨人軍、よみうりランドの3社は25日、東京・稲城市のよみうりランド遊園地に隣接するエリアで計画する「TOKYO GIANTS TOWN」(東京ジャイアンツタウン)の構想が固まったと発表した。巨人と読売新聞東京本社が進める新ファーム球場の建設計画に、新たによみうりランドが参画。国内初となる水族館と一体型のボールパークが誕生する。

 東京ジャイアンツタウン構想が、特大のスケールで生まれ変わった。巨人は16年10月に新ファーム球場を建設する同構想を発表。当初は23年3月に開業予定だったが、新型コロナウイルスの影響もあり、20年7月に球場の設計など計画を見直すことを発表していた。

 今計画の中心となる新GIANTS球場は、多摩丘陵に溶け込む開放感あふれるスタジアム。座席数は約2700で、中堅122メートル、両翼100メートルの人工芝球場となる。芝生の外野席やカウンター席なども備え、サブグラウンドは付近の幼稚園や保育園の運動会などにも開放する。3社は連名で「かつて鍛錬の場にしていた多摩川グラウンドは、近隣の方々がふらっと立ち寄り、未来のスター選手に気軽に声をかけることができた集いと交流の場でした。そのようなジャイアンツの『心のふるさと』を再現・発展させます」と狙いを説明した。

 そして、最大の特徴は本格的な水族館が併設されること。レフトスタンドからコンコースを通り、行くことができる。多摩地区では唯一の内陸型水族館となり、大型水槽の中を歩くことができる水中回廊や、アシカなどの生態を間近で観察できるゾーンを設ける。3社は「テーマは『生きものが主役』『生きものの世界を人が訪れ、同じ時間を共に過ごす』です」と説明。水族館と一体となった球場は国内初で、スポーツとエンターテインメントが融合したボールパークとなる。

 他にも飲食店やスポーツ関連施設も誘致予定で、総敷地面積は東京ドームの1・6倍となる7万6000平方メートル。総事業費は250億円以上に上る。新球場のオープンは25年3月、水族館も合わせたグランドオープンは26年度中の見通し。完成後は新球場を2軍、現在のジャイアンツ球場を3軍が使用する。

 周辺にはよみうりランド遊園地やゴルフ場があるほか、24年春には新温浴施設もオープン予定。周辺施設と一体となり、「東京ジャイアンツタウン」がにぎわいの拠点となる。

 ◆主な複合型球場

 ▽東京ドームシティ 巨人の本拠地・東京Dのほか、後楽園ホール、遊園地、ホテルなどの施設がある。

 ▽北海道ボールパークFビレッジ 日本ハムの本拠地・エスコンフィールド北海道に温泉、ホテル、マンションなどが併設。

 ▽楽天モバイルパーク宮城 左翼スタンド後方の「スマイルグリコパーク」に観覧車、メリーゴーラウンド、宿泊施設がある。

 ▽ホークスベースボールパーク筑後 ソフトバンクのファーム施設。メイン&サブ球場、室内練習場、寮、クラブハウスのほか、ファン向けの売店もある。

  ◆TOKYO GIANTS TOWN

【アクセス】

▽京王よみうりランド駅から徒歩約15分

▽京王よみうりランド駅から新球場へシャトルバス運行予定

▽小田急読売ランド前駅と京王よみうりランド駅を結ぶ路線バスも利用可

【駐車場】

・計600台

【新球場概要】

・中堅122メートル、両翼100メートル

・LEDナイター照明あり

・人工芝

・収容人数約2700席

【水族館】

・地上3階地下1階

・施設面積8600平方メートル

  

巨人

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年