【TCK女王盃】グランブリッジ交流重賞3勝目 川田将雅騎手は3連覇「馬の力を信じて」

スポーツ報知
最速の上がりで差し切ったグランブリッジ(手前、カメラ・大野 英之)

◆第26回TCK女王盃・交流G3(1月25日、大井競馬場・ダート1800メートル)

 4~8歳の牝馬7頭によって争われ、川田将雅騎手が手綱を執った1番人気のグランブリッジ(4歳、栗東・新谷功一厩舎、父シニスターミニスター)が先に抜け出した2番人気の2着ヴァレーデラルナ(岩田望来騎手)を差し切り、1馬身差で交流重賞3勝目を挙げた。勝ち時計は1分53秒9(良)。川田騎手は一昨年のマルシュロレーヌ、昨年のテオレーマでの1着に続き、自身3連覇となった。

 3着はさらに2馬身差で3番人気のプリティーチャンス(バウルジャン・ムルザバエフ騎手)。以下4~7着もすべて人気順通りの順当決着となった。

 川田将雅騎手「ゲートからリズム良くスムーズだったので、いい位置を取ることができました。競馬では初めて乗りましたが、馬の力を信じてやってみようと思っていました。前を捕まえ切ってくれましたね。(福永)祐一さんが調教師試験に合格したことで、僕が手綱を引き継ぎました。よりいい舞台で、よりいい競馬をしていきたいです。3年連続でこのレースを勝てたのは、素晴らしい馬の騎乗依頼をいただけたおかげです」

競馬

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×