【西武】ドラ1・蛭間拓哉の走力は阪神・近本クラス 陸上元アジア記録保持者から「トップレベルになれる」

スポーツ報知
蛭間拓哉

 西武の新人合同自主トレが25日、埼玉・所沢市の球団施設で行われた。

 この日、実施された「スプリント講座」でルーキーたちに走り方を指導した陸上男子200メートル障害の元アジア記録保持者・秋本真吾氏は、ドラフト1位・蛭間拓哉外野手=早大=の走力を絶賛した。

 「久々にすごい選手を見たな、と。修正能力の早さや高さ。スピードレベルに関しても結構、すごいです。今まで阪神の選手とか、たくさん個別で見てきましたけれど、5本の指に入ってくるぐらい。感動しましたね。トップレベルに絶対、なれると思います。(阪神・近本とも)遜色がないですね」と昨季30盗塁をマークし、2年ぶり3度目のセ・リーグ盗塁王に輝いた韋駄天に匹敵する足と証言した。

 蛭間は「専門の方に教えていただいて、すごく分かりやすく、ためになったので、これから生かしていきたいと思います」と感激の面持ちだった。

野球

個人向け写真販売 ボーイズリーグ写真 法人向け紙面・写真使用申請 報知新聞150周年
×